フラットピックを使った場合のアルペジオ奏法における
僕のクセ。それは小指。



ピックガードあたりに小指を当てながら弾く。
これは言うまでもなく、小指で固定しているわけで
アコギを始めた時からずーっとこのようなプレースタイル。

これに対して色々な議論がありまして

「ピックガードあたりを押さえる事で音の響きに影響する」
「なめらかに弾けない」
「ストロークへの切り替えがスムーズにいかない」


等などマイナスの意見。一方

「安定したピッキングが可能に」

というプラスの意見。

プレイヤーの方それぞれが弾きやすいスタイルを選べばとは
思うものの、『フラットピックでのアコギ弾き語り限定』での私見を。

一応小指を支えなくても、弾くことができますが

安定感、正確性

において、小指でささえた方に軍配を。

スムースとかなめらかが損なわれるって心配よりも

弾きたい弦を間違うことなく弾ける

というのが何にも代えがたい事かと。

『止めた方が・・・』と言われても
『そうですね・・・』と言いながら、続けている理由。
決して頑固ものではありません。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村